Homeイベント > 浜松まつり

イベント

浜松まつり | 端午の節句にちなんだ都市まつり

浜松まつりとは

毎年、5月3日・4日・5日の3日間、端午の節句にちなんで浜松市で行われる祭りです。
「まつり」と名が付いていますが、特定の神社仏閣の祭礼ではなく都市まつりで、特に「凧揚げ合戦」と「御殿屋台引廻し」や「練り」が有名です。

凧揚げそのものは、永禄年間(1558~1569)に引馬(浜松)城主・飯尾豊前守の長男誕生を祝って城下の町民が揚げたのが始まりとされていました。(現在は俗説となっているようです)
江戸時代の中頃には、端午の節句に祝凧を贈って揚げるという風習が定着し、明治に入って浜松の職人町に消防組が組織されると、各町の対抗意識が高まって纏(まとい)を図案化した凧印で町同士による凧揚げ合戦が行われるようになったと言われています。
特に伝馬、塩、鍛冶、元魚、田、千歳、高、紺屋、肴、旅籠、板屋等の各町は、その後の浜松凧揚会の中心を担うようになっていきました。

padetop

千歳町の凧印と凧揚げ合戦

千歳町の凧印は「天狗」です。千歳町の氏神様は由緒ある古社「松尾神社」で、そのご神体「猿田彦命」の別名「天狗」を印にして、他町の凧を威圧せんと若衆の意気込みを表したものと考えられています。
基本的に大凧は初節句を迎えた家から提供され、その凧に祝いを迎えた子供の名前と家紋を隅に描いて、これを「初凧」と呼びます。凧揚げ合戦は、町ごとに組や連として参加し、それぞれの凧印の大凧を揚げて、組同士で凧糸を切り合って競うものです。

千歳町凧揚げ会・天狗連公認ホームページ

padetop

御殿屋台(ごてんやたい)

豪華な彫刻や幕などで装飾されている御殿屋台は、その昔、凧揚げから帰る若衆を迎えるために、伝馬町や千歳町の芸者衆が底抜け屋台を造って練り歩いたのが始まりとも言われています。 それぞれに趣向をこらした見事な彫刻や提灯の飾りつけが施され、内では女の子達を中心に三味線や笛を用いたお囃子(おはやし)が奏でられます。 浜松まつりの屋台で奏でられるお囃子は「小鍛冶」「鞍馬」などの黒御簾や「梅は咲いたか」などの小唄が多く、それは浜松の屋台が芸者の乗る「花屋台」として発展してきたためで、現在でも三味線や篠笛は芸者や稽古場の師匠などの音曲の専門家に任せる組が多いようです。

※文章の一部「御殿屋台」については、ウィキペディア「浜松まつり」から引用しています。

padetop

初練り

御殿屋台が終了すると、続いては「初練り」で、組長を先頭に町内の若衆が「初子」さんのお宅にお祝いに駆けつけます。 「初子」さん宅では、皆さんに酒や料理でもてなします。
そして初子さん、ご両親を中心に万歳三唱や「激練り」をすることで、健康で健やかに育つようにとお祝いをします。
両親にとって最も感激する瞬間でもあります。

padetop

フォトギャラリー

フォトギャラリー

  • googleカレンダー
  • Facebook
  • Movie
  • Twitter