HomeWhat`s ちとせ > 歴史と概要

What`s ちとせ

歴史と概要 | 花街としての千歳と新しい取り組み 歴史と概要 | 花街としての千歳と新しい取り組み

町名の由来

人口100万人を超えて政令指定都市として商工に栄える静岡県浜松市の中心街・千歳町(ちとせちょう)は、古くは三筋町で上後道(かみうしろみち)、中後道、下後道と称しました。
上後道は鍛冶町(かじまち)から南へ入る現在の「柳通り」、下後道は「浜松モール街」、真ん中の通りを「中通り」と呼び、今でも古くからの呼称で呼んでいる人もいます。 「後道」(うしろみち)とは、官道である東海道の裏道にあたるところから名付けられたと云われています。

この地は元々浜松城の城内侍屋敷に属し、藩士の組屋敷で占められ、相当名のある侍たちが住んでいました。歴代城主の中でも有名な水野越前守忠邦の儒者を務めた大倉亀翁は、日清通商条約締結の主席随行員に選ばれた名倉教敦らとともに下後道に住んでいました。 この他にも明治以来の功労者の多くがこの地に住まい、ここで世を終えています。 また、徳川家康が在城中に伝馬町西側に建てた浜松城下で最初の牢獄が、慶長元年に焼失した時、城主・堀尾帯刀は新しい獄舎を一時的に下後道に移設し、その後浜松因獄と改称して高町へ移転しました。

その後明治維新と共に街は一変し、料亭酒楼、劇場などの建物が建ち並ぶようになり、古い情緒と近代的な明るさが巧みに調和して大変繁栄しました。東海道線の開業にともない、東海道でも最も大型の400坪からなる歌舞伎・浜松座は大正3年に創立され、下後道には近代的な料理店として芙蓉館や聴濤館などが建設され、また「曳馬くらぶ」と呼ばれる娯楽街が上後道にできて、街はさらに発展していきました。今の町公会堂のところには、敷島館(後の南座)がありました。

大正14年(1925年)の地籍整理に伴い、鍛冶、伝馬、旅籠、海老塚の一部を編入し、浜松の「松」にちなんで「千才万才繁栄を祝福」という意味から千才町(千歳町)と改称されて今日に至っています。

padetop

現在の様子

現在の千歳町は、南側のJR浜松駅と北側の複合テナントビル「ZAZA CITY」(ザザシティ)に囲まれ、浜松駅寄りの通称「モール街」、そこからザザシティ中央館方向に向かって伸びる2本の通り「千歳コーヂ」(千歳小路)と「南通り」、その2本を結ぶ通称「中通り」(中央通り)、そしてザザシティ中央館から南に伸びる「柳通り」の5つの通りで構成されています。
明治期以降の発展期には多くの料理店や酒楼とともに一大花街を形成した千歳町には、老舗料亭、割烹料亭、カウンター割烹、居酒屋、赤提灯、寿司、下町食堂、中華・フレンチ・イタリアン・洋食、Bar、クラブ、ラウンジ、スナックが軒を連ねますが、今もその面影が随所に残っています。

padetop

新しい取り組み

千歳町の各通りの商店会では、このエリアを支える地元で馴染みのお客様だけでなく、
浜松をビジネスで訪れる方々や女性の方々にも
もっと街の魅力を知ってもらおうと様々な取り組みを行っています。

職人市場

このイベントは、古くからの花街「千歳町」をより多くの方に、手軽に知ってもらおうと千歳町の様々なジャンルの職人達が一日限りではありますが、美酒美食でおもてなしする千歳町最大のイベントです。
参加店舗は現段階で60店舗以上。和食、フレンチ、バー、スナック、なじみの店はもちろんこのイベントを機会に普段ではなかなか行かない(行けない?)お店の料理や職人の技を十分に楽しんでください。

防犯対策

千歳町の6つの商店街(後道繁栄会連合会)は、全国商店街振興組合連合会(全振連)の助成を受けて、お客様に安心してお買い物や飲食をしていただくことを目的に、千歳町内の商店街全域に防犯カメラを設置しました。

Webサイトによるお店紹介

スタッフいち押しのランチのお店から密かな人気店、歴史のある超有名店まで味以外でも個性あふれる店内や名物店員さんをご紹介します。
普段は男性の街というイメージで近寄りがたいと思われている女性の方々に千歳町の雰囲気を新発見していただき、もっと気軽に浜松の誇るお店の味や雰囲気を楽しんでいただきたいのです。

  • googleカレンダー
  • Facebook
  • Movie
  • Twitter